激務対策完全攻略マニュアル

これで解決!すぐにできる激務対策術

日本における激務への取り組み

激務対策完全攻略マニュアル

激務への日本の取り組みとは

激務への日本の取り組み

日本国内において、激務が続くことによる過労死など労働環境に付随する事柄が大きな問題として注目されています。そうした問題に対し、国としても改善のためにいくつかの取り組みをしています。自分の仕事のことだからといって自分ひとりで解決しないといけないというわけではありません。必要に応じて、国の取り組みや機関に相談することも視野に入れるべきです。このカテゴリでは、具体的な国の激務、過労死などへの取り組みについて紹介をしていきます。

限界超過のサイン

"限界超過のサイン"

無理な激務が続くことによって、過労死は引き起こされてしまいます。これを未然に防ぎ、健康的に働き続けるためには自分自身の体調管理にもしっかりと取り組みをする必要があります。また、特に過労死のような深刻な事態を防ぐためには自分の心身の限界を超えたときに現れるサインにも敏感でなくてはなりません。「まだ大丈夫」と思ってはいても疲労やストレスは蓄積されていくものだからです。このページでは注意したい体からのサインについて説明していきます。続きを見る

壊れる前に労働基準監督署へ

"壊れる前に労働基準監督署へ"

激務が続くことによって心身に大きなダメージが蓄積されていくことは容易に想像がつきます。ある程度は社会人の責任感を持って耐える必要があるかもしれませんが、そのために自分が壊れてしまっては元も子もありません。適切な労働環境を守るために必要な取り組みを行っていくべきです。とはいえ、職場の労働環境を自力で改善していくのは困難でしょう。そんなときには、労働基準監督署へ相談をしてみるというのが正解です。ここでは労働基準監督署の取り組みについて説明しています。続きを見る

過労死への対策

"過労死への対策"

無理な激務による過労死を防ぐためには自分自身の体調管理をしっかりと行うべきですし、また必要に応じて働き方を工夫することも欠かせません。しかし、それだけではおおもとの原因は解決とならない場合がほとんどです。そこで、国でも過労死を深刻な問題と捉えた取り組みを行っているのです。中には「国の取り組みなら自分には関係がない」と思う人もいるかもしれませんが、自身の労働環境へも少なからず影響していくものですから知識を持っておくに越したことはありません。続きを見る

限界を感じ始めたら読むべき記事

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

激務で辛いと感じる大きな要因としては、長時間の残業も挙げられるでしょう。実際、「せめて残業さえなければ・・・」と思っている人も多いようです。そこで、残業をせずに定時で帰るための仕事術について説明していきます。合理的な仕事のやり方を身につけることで、残業が大幅に減らせるようになります。しっかりと定時に帰れるようになれば体の疲れもストレスもかなり楽になるでしょう。 続きへ

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

日本の労働環境に関する相談事をする機関といえばやはり労働基準監督署が真っ先に思い浮かぶでしょう。激務に苦しめられ、実際に利用したことのある人もいるでしょう。しかし、多くの人はそういった機関があることは知っていても実際に利用したことは少ないのではないでしょうか。ここでは真っ先に相談するべき労働基準監督署について説明していきます。 続きへ

限界超過のサイン

限界超過のサイン

日々の激務に慣れている人は、「自分は平気」と感じているかもしれませんが、知らず知らずのうちに心身ともに疲弊してしまっているかもしれません。自分のことというのは意識しなければなかなかわからないものです。そこで、必ずチェックしておくべき限界超過時に現れるサインについて説明していきます。自分に当てはまるものがないか確認しましょう。 続きへ