激務対策完全攻略マニュアル

これで解決!すぐにできる激務対策術

転職エージェントで激務のない病院へ

激務対策完全攻略マニュアル

病院の勤務時間に疑問を感じたら

病院の勤務時間に疑問を感じたら

病院の勤務時間に疑問を感じたら

病院で働く医療従事者の多くは長時間労働の激務に追われていることでしょう。仕事内容も人の命を預かる責任あるもので、集中していなければならない時間が多いですから精神的なストレスも相当なものです。しかし、本来は医療従事者であっても日本で定められている規定に沿った労働時間でなくてはなりません。

医師の労働時間

まずは医師の勤務時間について見ていきましょう。高齢化社会に伴う医療のニーズ増加に医師の確保が追い付かず、深刻な医療人材不足が問題となっています。人材の数が限られており、そのなかで十分な医療を提供するのであれば当然一人あたりの仕事量を増やす他ありません。特に若い医師は残業が非常に多く、実際の残業時間が月100時間を超えるといったケースも少なくありません。そのような過酷な労働環境の中で、患者の命を預かるという責任重大な仕事をしているのですから当然心身の疲労は溜まります。
「医者の不養生」という言葉がありますが、あまりにも過度な勤務時間を強いる病院で働き続ければいずれは限界が来ます。倒れてしまう前にも、できるだけ労働環境が整った職場への転職を検討しましょう。

看護師の労働時間

日本の法律では1週間40時間以内、1日8時間以内と定められています。これに加えて休憩についても労働時間が6時間以上では45分間の休憩、労働時間が8時間以上では60分間の休憩と正確に決められています。しかし、実際はどうかというと、このような規則どおりには働けていないことがほとんどです。現実問題としても急なトラブルや残業によってこの時間通りにならないことも多いでしょう。
例えば急患が運ばれてきたとなれば、いくら勤務時間が終わっているといっても知らんぷりするわけにはいきませんよね。他業種と比べても、比較的残業が少ないと言われている看護師ではありますが、突発的な出来事にも冷静に対応しないといけないことを考えると、常に気を張り詰めていなくてはならない独特のプレッシャーにさらされ続けているということになります。これは疲れを増加させる要因となります。

薬剤師の勤務時間

薬剤師の場合はどうでしょうか。例えば調剤薬局の場合、基本的には1日8時間です。しかし、患者が多い日はさばかなければならない処方箋の量も多く、その場合は残業の必要があるでしょう。一例で調剤薬局について記載しましたが、これも病院の規模や診療時間によって異なってきます。また、総合病院か個人のクリニックに隣接する調剤薬局かによっても変わってくるでしょう。ドラッグストア勤務という方法もありますし、薬剤師の場合は看護師や医師に比べて勤務時間の調整はしやすいと言えるかもしれません。
もし今の職場の勤務時間が長すぎて支障をきたすようであれば、自身の希望に合う職場へ転職する事をオススメします。

改善されつつある労働時間

少し前までは、看護師であってもサービス残業の多さが非常に目立っていました。中には、夜勤明けから更に残業というケースもあったようです。しかし、現在ではそういった問題は改善されつつあります。というのも、近年では病院に限らず日本全体で労働環境の整備に力を入れ始めていること、また心身ともに健康な状態でなくては患者の看護を適切に行うことができないという考えが強まってきたからです。そのため現在では、それぞれの事情を考慮した勤務表を事前に作り、それに沿った無理のない働き方ができるようになってきました。

転職を考えてる人にオススメの転職サイト

全ての病院がスタッフの労働環境の整備をしっかりと行っているとは限りません。中には無理のある激務を強いられている人もいるでしょう。そんな働き方に疑問を感じたときは、転職エージェントを活用して良い職場への転職を目指しましょう。

まず医師の方にオススメしたいのが、質の高い求人を多く提供している「eドクター」です。

ご登録いただけますと、人材紹介の専任コンサルタントより「匿名求人」も含めてお仕事紹介いたします。

「eドクター」さんから引用しました。

  • ご応募はこちらから
  • eドクター画像

「eドクター」は24年もの間、医療関連の転職サポートを行ってきた実績があります。そのため業界内の信頼も厚く、ここでしか得られない求人情報を見つけ出すことができるのです。

次に看護師にオススメの求人サイトです。求人情報件数が12万件超で、全国ナンバー1の実力を持つ看護師専門求人サイト「看護のお仕事」では、転職希望者に専任コンサルタントがつきます。

1人では見つけられなかった求人と出会えたり、本来なら「直接いかなければわからない」内部情報まで、手軽に知ることができます。

「看護のお仕事」さんから引用しました。

  • ご応募はこちらから
  • 看護のお仕事画像

「看護のお仕事」を利用することで自分だけで調べるよりもより深いところまで求人案件について知ることができるのです。その分、理想の職場を見つけられる可能性が高まるでしょう。

最後に、薬剤師にオススメなのが「薬剤師アシスト」です。希望の条件を登録するだけの無料メール配信サービスがとっても便利です。

あなたの希望条件を登録すると、条件に合った新着のお仕事情報をメールでお届け!待っているだけでお仕事がやってきますよ。

「薬剤師アシスト」さんから引用しました。

  • ご応募はこちらから
  • 薬剤師アシスト画像

また、「薬剤師アシスト」は、勤務地や雇用形態といった詳細な条件から求人情報を絞り込む事もできるため、育児などの事情があり残業が難しい方でもあらかじめその希望に合った求人情報を得る事ができます。

限界を感じ始めたら読むべき記事

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

激務で辛いと感じる大きな要因としては、長時間の残業も挙げられるでしょう。実際、「せめて残業さえなければ・・・」と思っている人も多いようです。そこで、残業をせずに定時で帰るための仕事術について説明していきます。合理的な仕事のやり方を身につけることで、残業が大幅に減らせるようになります。しっかりと定時に帰れるようになれば体の疲れもストレスもかなり楽になるでしょう。 続きへ

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

日本の労働環境に関する相談事をする機関といえばやはり労働基準監督署が真っ先に思い浮かぶでしょう。激務に苦しめられ、実際に利用したことのある人もいるでしょう。しかし、多くの人はそういった機関があることは知っていても実際に利用したことは少ないのではないでしょうか。ここでは真っ先に相談するべき労働基準監督署について説明していきます。 続きへ

限界超過のサイン

限界超過のサイン

日々の激務に慣れている人は、「自分は平気」と感じているかもしれませんが、知らず知らずのうちに心身ともに疲弊してしまっているかもしれません。自分のことというのは意識しなければなかなかわからないものです。そこで、必ずチェックしておくべき限界超過時に現れるサインについて説明していきます。自分に当てはまるものがないか確認しましょう。 続きへ