激務対策完全攻略マニュアル

これで解決!すぐにできる激務対策術

IT系でも激務も残業もない会社を見つけられる

激務対策完全攻略マニュアル

残業なしのIT会社を探そう

残業なしのIT会社を探そう

残業なしのIT会社を探そう

IT系は激務が多く、残業が当たり前ということも多いです。中でもプログラマーやSEは、営業が持ってくる無理な案件を押し付けられることが多く、かなり短い納期での仕事を強いられることも少なくありません。せめてその仕事に突然の変更がなければまだ良いのですが、人員の追加もなしに急な仕様の変更が起こる場合もありますから、激務が続くのも自然なことと言えるでしょう。

理不尽な激務を課される職種

プログラマーやSEの仕事は、納期が短かったり、急な仕様変更があったりするため、IT業界独特の「デスマーチ」と呼ばれる状態に陥ることも度々です。そうなると家にも帰れず長時間の残業が続くこともあります。厳しい納期に向けて寝る間も惜しんでパソコンと向き合い続かなければなりません。
このような環境はやはり体への大きな負担となりますし、また精神的なストレスも半端ではありません。そのため、プログラマーやSEはうつ病の発症率が高い仕事としても有名です。精神的には大丈夫でも体を壊してしまう人も少なくありません。しかしこれは、IT系の仕事が辛い、というよりもどちらかというと労働環境の悪さが問題と言えるでしょう。

労働環境の良いIT企業も

上記のように厳しい労働環境の職場は、IT系では特に多いです。しかし、必ずしもブラック企業のような労働環境を強いられるわけではありません。中には、従業員のことを大事にし、労働環境をしっかりと整備しているIT企業もあるのです。プログラマーやSEといった技術者へ理解を持っており、従業員を大事にする経営者の会社は特にそういった良い傾向が見られます。また、職場全体で残業や無理な納期を少なくするという方針を持っている場合もあります。もしこれからもIT系の仕事で働こうと考えているのでしたら、そういったホワイト企業を探してみるべきです。

残業無しのIT企業へ転職

実際に転職をすると考えても、これまでに経験がなければどのように転職活動を行えば良いのかわからないという人も多いでしょう。そのような人は転職エージェントを活用して転職活動を行うのが得策です。IT企業専門の人材紹介会社「ギークリー」でも、転職希望者に専任のエージェントがついてサポートを行ってくれます。

各社のカルチャーや働き方など求人票だけでは読み取れない情報のご提供や、書類作成や面接の実践的なアドバイスなど、転職を成功に導くため、専任のエージェントが全力であなたの転職の成功をサポートします。

「ギークリー」さんから引用しました。

  • ご応募はこちらから
  • ギークリー画像

このようにギークリ―は転職希望者と向き合う方針があります。求人誌の情報を読むだけではなかなかその会社の本質を読み取ることはできませんが、ギークリ―ならば、専任の転職エージェントがしっかりと転職先企業のことを理解する手助けをしてくれるのです。

限界を感じ始めたら読むべき記事

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

激務で辛いと感じる大きな要因としては、長時間の残業も挙げられるでしょう。実際、「せめて残業さえなければ・・・」と思っている人も多いようです。そこで、残業をせずに定時で帰るための仕事術について説明していきます。合理的な仕事のやり方を身につけることで、残業が大幅に減らせるようになります。しっかりと定時に帰れるようになれば体の疲れもストレスもかなり楽になるでしょう。 続きへ

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

日本の労働環境に関する相談事をする機関といえばやはり労働基準監督署が真っ先に思い浮かぶでしょう。激務に苦しめられ、実際に利用したことのある人もいるでしょう。しかし、多くの人はそういった機関があることは知っていても実際に利用したことは少ないのではないでしょうか。ここでは真っ先に相談するべき労働基準監督署について説明していきます。 続きへ

限界超過のサイン

限界超過のサイン

日々の激務に慣れている人は、「自分は平気」と感じているかもしれませんが、知らず知らずのうちに心身ともに疲弊してしまっているかもしれません。自分のことというのは意識しなければなかなかわからないものです。そこで、必ずチェックしておくべき限界超過時に現れるサインについて説明していきます。自分に当てはまるものがないか確認しましょう。 続きへ