激務対策完全攻略マニュアル

これで解決!すぐにできる激務対策術

辛い激務に有効な仕事術

激務対策完全攻略マニュアル

激務を乗り切る仕事術とは

激務を乗り切る仕事術

日ごろから激務に悩まされている・・・そのような社会人は少なくないでしょう。理不尽な仕事の割り振りや残業の多さ、休日の少なさなどそういったものの積み重ねがやがて深刻なトラブルを招く恐れがあります。仕事は確かに大事なものですが、そのために自分の心や体に異常が起こるのは問題です。健康的に働くためには激務を乗り切る仕事術を身につけていく必要があります。そこで激務に困っている社会人にぜひとも試してほしい、効果的な仕事のやり方を紹介していきます。

作業効率を上げるテクニック

"作業効率を上げるテクニック"

激務を解消するためにまず考えるべきことは、仕事にかかる時間をできるだけ短く、最低限のものにしていくということです。同じ仕事をするにしても効率よく進めることができれば、残業の時間も少なくすることができるでしょう。定時に帰れることが多くなったり、休日の日数も多くしていけるかもしれません。ですから激務の解消を考えたとき、まずは作業効率を高めることを意識してみましょう。そのために役立つ方法について紹介していきます。続きを見る

チーム効率を上げるデータの使い方

"チーム効率を上げるデータの使い方"

仕事を無駄なく、合理的に進めることで、激務が緩和されることも期待できます。そのためには、チームでの仕事も上手く連携を取りながら進めていく必要があります。とはいっても、なかなか上手く捗らず困っている人も多いのではないでしょうか。そのような人たちに試してほしいのが、データの使い方を工夫した仕事術です。ちょっとした工夫を取り入れることで、チームとして進めていく仕事の効率が格段に上がることも大いに期待できます。続きを見る

有意義な会議にするコツ

"有意義な会議にするコツ"

企業に勤める社会人であれば、通常の業務のほかに会議によってとられる時間も少なくないでしょう。また、会議自体がしっかりと中身のある内容にならなければ、その後の仕事も効率良く進みませんから、激務の要因となることもあるのです。こうした会議に関する問題を解決することも実は非常に重要なことなのです。そのためには、会議を意義のあるものにするための仕事術を身につける必要があります。現在の会議のあり方に疑問のある人は参考にしてください。続きを見る

書籍から学ぶ時間管理

"書籍から学ぶ時間管理"

激務による辛さを乗り切るためには、労働時間を含めた自分自身のスケジューリングをしっかりと行うことも必要不可欠です。上手な時間管理の方法を身につけることができればその後の生活を送る中で少しずつ余裕も生まれていくはずです。スケジュール全体の調整ができるようになる分、休養する時間を確保できるようになるからです。そこで、当サイトが自信を持っておすすめする時間管理に関する仕事術を学ぶことのできる書籍を紹介していきます。続きを見る

無駄な残業はしない定時帰宅術

"無駄な残業はしない定時帰宅術"

激務というと、やはり労働に割く時間が長時間であることも大きく関係しているでしょう。仕事自体の辛さは変わらなかったとしても、拘束される時間が少なくなれば精神的にも肉体的にも疲労は大幅に軽減されるはずです。そのために見直すべきことは、残業を最小限に抑えるということです。無駄な残業をしないで済むようにできれば、今より格段に働きやすくなっていくでしょう。そこでどのような仕事術を取り入れれば、残業時間を抑えられるようになるのか、説明していきます。続きを見る

限界を感じ始めたら読むべき記事

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

激務で辛いと感じる大きな要因としては、長時間の残業も挙げられるでしょう。実際、「せめて残業さえなければ・・・」と思っている人も多いようです。そこで、残業をせずに定時で帰るための仕事術について説明していきます。合理的な仕事のやり方を身につけることで、残業が大幅に減らせるようになります。しっかりと定時に帰れるようになれば体の疲れもストレスもかなり楽になるでしょう。 続きへ

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

日本の労働環境に関する相談事をする機関といえばやはり労働基準監督署が真っ先に思い浮かぶでしょう。激務に苦しめられ、実際に利用したことのある人もいるでしょう。しかし、多くの人はそういった機関があることは知っていても実際に利用したことは少ないのではないでしょうか。ここでは真っ先に相談するべき労働基準監督署について説明していきます。 続きへ

限界超過のサイン

限界超過のサイン

日々の激務に慣れている人は、「自分は平気」と感じているかもしれませんが、知らず知らずのうちに心身ともに疲弊してしまっているかもしれません。自分のことというのは意識しなければなかなかわからないものです。そこで、必ずチェックしておくべき限界超過時に現れるサインについて説明していきます。自分に当てはまるものがないか確認しましょう。 続きへ