激務対策完全攻略マニュアル

これで解決!すぐにできる激務対策術

定時帰宅で激務を解消する

激務対策完全攻略マニュアル

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

渋々ながらも残業を続けている社会人は少なくないでしょう。そして、その理由としては定時帰宅をしたいと思っていてもなかなか言い出せないことが関係しているはずです。気持ちはすごくわかります。定時帰宅をすることでどのような視線が向けられるのか、などなどやはり気になってしまいますよね。そのような人に知っておいてもらいたい仕事術としては、それでも堂々と帰宅する旨を伝えて帰るようにするということです。

帰宅する旨を伝える

「それができれば苦労はしない」と感じる人も多いでしょう。しかし、現在残業も含めた激務に耐えている理由として、職場内でのプレッシャーがあるのなら、その圧力に対して正々堂々と向き合えるようにならなくてはいつまで経っても問題は解決しません。
中にはこっそりと帰ることを狙っている人もいるかもしれませんが、そのような残業の避け方はかえってストレスが溜まるものですし、意外と人は他人のことを見ているものですから「いつも逃げるように定時帰宅する人」という印象を持たれかねません。ちょっと仕事術とは言い難い内容であるかもしれませんが、まずは堂々と自分の言葉で帰宅するという意思を伝えてみるようにしてください。

進んで人の手伝いをする

定時帰宅したいという人におすすめの方法としては、逆に何か自分からするべき仕事、手伝えることがないかを聞いてみるということです。「早く帰りたいのになぜ?」と思う人もいるでしょう。その疑問はもっともですが、進んで人の仕事を少しだけ手伝うことで、それを終えた後帰りやすい雰囲気になることを期待できるからです。
この場合、定時帰宅はできなくなってしまいますが、職場の人に良い印象を与えることができますし、激務となるような厳しい残業になることは避けやすくなるでしょう。ただし、この方法が逆効果になってしまう場合もありますので、自分の職場の状況を見ながら活用してください。使いどころを間違えると本当に忙しくなってしまうこともあります。

定時帰宅しなければならない理由を作る

どのような内容の理由でもかまいません。自分が定時帰宅しなければならない理由を伝えて帰るようにしましょう。「洗濯物が溜まっていて・・・」といった本当に些細なことでもかまいません。「今日できなければ明日着るものがないんです」などと続ければそれを止めるのは難しいはずです。そうした個々の事情をある程度でも考慮してくれる職場であれば、それでスムーズに定時帰宅できるでしょう。こうしたちょっとした工夫も立派な仕事術ですので身につけておいて損はありません。

限界を感じ始めたら読むべき記事

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

激務で辛いと感じる大きな要因としては、長時間の残業も挙げられるでしょう。実際、「せめて残業さえなければ・・・」と思っている人も多いようです。そこで、残業をせずに定時で帰るための仕事術について説明していきます。合理的な仕事のやり方を身につけることで、残業が大幅に減らせるようになります。しっかりと定時に帰れるようになれば体の疲れもストレスもかなり楽になるでしょう。 続きへ

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

日本の労働環境に関する相談事をする機関といえばやはり労働基準監督署が真っ先に思い浮かぶでしょう。激務に苦しめられ、実際に利用したことのある人もいるでしょう。しかし、多くの人はそういった機関があることは知っていても実際に利用したことは少ないのではないでしょうか。ここでは真っ先に相談するべき労働基準監督署について説明していきます。 続きへ

限界超過のサイン

限界超過のサイン

日々の激務に慣れている人は、「自分は平気」と感じているかもしれませんが、知らず知らずのうちに心身ともに疲弊してしまっているかもしれません。自分のことというのは意識しなければなかなかわからないものです。そこで、必ずチェックしておくべき限界超過時に現れるサインについて説明していきます。自分に当てはまるものがないか確認しましょう。 続きへ