激務対策完全攻略マニュアル

これで解決!すぐにできる激務対策術

激務を乗り切る時間管理術を書籍から学ぶ

激務対策完全攻略マニュアル

書籍から学ぶ時間管理

書籍から学ぶ時間管理

書籍から学ぶ時間管理

巷には効率的な仕事術や時間管理のハウツー本が溢れています。というのも、誰もが仕事の進め方のまずさや時間管理ができていないことを自覚していて、それを何とかしたいというニーズがあるからでしょう。そういった書籍を読むことで、仕事のやり方に対する意識も変わってきますし、激務を解消するための手助けにもなるはずです。ここでは、当サイトの管理人が厳選した仕事術と時間管理術の書籍を3冊ご紹介します。

仕事ができる人のタイムマネジメント

「図解-仕事ができる人のタイムマネジメント―ちょっとした習慣の改善で能率を劇的に向上するノウハウ87-仕事のカタログ-」ではタイムマネジメントの方法について、図を利用して解説してくれていますので「タイムマネジメントって何?」という人でも視覚的に理解することができます。87ものタイムマネジメントの手法を紹介してくれているので、その中で自分に使えそうなノウハウを探してみてください。激務を減らすための仕事術を身につけるうえで必ず役立ってくれるでしょう。

  • ご購入はこちらから
  • 図解-仕事ができる人のタイムマネジメント画像

できる人は1週間を「168時間」で考えている

「できる人は1週間を「168時間」で考えている―バランスよく時間を管理する技術」では、一週間を七日と考えるのではなく168時間と捉える独自の時間管理術について紹介しています。一週間を七日と考えたとき、五日は仕事で二日は休日と大きく分けてしまいますが、168時間と考えると、1時間単位で自分の行動を見直すことができるようになります。一年のうちに200日以上も時間管理に関する公演を行っている著者だけあり、書かれている内容にも説得力があります。実践しやすい内容についても多く触れているので、すぐに今の激務を何とかしたいという人の手助けとなってくれるでしょう。

  • ご購入はこちらから
  • できる人は1週間を「168時間」で考えている画像

世界で一番ゆるい-王様の時間術

現在激務に追われており、時間に余裕がないというビジネスマンにおすすめしたいのが「世界で一番ゆるい-王様の時間術―これで残業時間はゼロになる」です。この書籍では時間管理とは仕事の進め方を決めるものという考え方について説明しています。アポイントはしっかり管理しますが、タスクは臨機応変にこなせるように、一日の仕事時間の中に予定を詰め込みすぎないようにします。仕事時間の2割ほどの余裕を残すことを目標とする「8割主義」と命名された時間管理術は忙しく過ごしている人こそ学ぶべき仕事術と言えます。

  • ご購入はこちらから
  • 世界で一番ゆるい-王様の時間術画像

限界を感じ始めたら読むべき記事

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

激務で辛いと感じる大きな要因としては、長時間の残業も挙げられるでしょう。実際、「せめて残業さえなければ・・・」と思っている人も多いようです。そこで、残業をせずに定時で帰るための仕事術について説明していきます。合理的な仕事のやり方を身につけることで、残業が大幅に減らせるようになります。しっかりと定時に帰れるようになれば体の疲れもストレスもかなり楽になるでしょう。 続きへ

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

日本の労働環境に関する相談事をする機関といえばやはり労働基準監督署が真っ先に思い浮かぶでしょう。激務に苦しめられ、実際に利用したことのある人もいるでしょう。しかし、多くの人はそういった機関があることは知っていても実際に利用したことは少ないのではないでしょうか。ここでは真っ先に相談するべき労働基準監督署について説明していきます。 続きへ

限界超過のサイン

限界超過のサイン

日々の激務に慣れている人は、「自分は平気」と感じているかもしれませんが、知らず知らずのうちに心身ともに疲弊してしまっているかもしれません。自分のことというのは意識しなければなかなかわからないものです。そこで、必ずチェックしておくべき限界超過時に現れるサインについて説明していきます。自分に当てはまるものがないか確認しましょう。 続きへ