激務対策完全攻略マニュアル

これで解決!すぐにできる激務対策術

激務で限界を感じたときは労働基準監督署に相談しよう

激務対策完全攻略マニュアル

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

社会人として働いている人の中には、残業が当たり前となってしまっている人も少なくないでしょう。そのような生活が続くことで、残業などの激務にも違和感を持たなくなってしまっているかもしれませんが、過度の残業は様々なリスクを孕んでいるということを知っておかなくてはなりません。

長時間残業によるリスク

長時間残業のリスクとしてもっとも考えられるのは健康被害です。特に、毎日5時間くらい、あるいはそれ以上の残業をしているという人は要注意です。なぜならば5時間残業すると睡眠時間が一日5時間以下となりやすいからです。
それだけ睡眠時間が少なくなれば、当然健康面に何らかの不調を及ぼします。しかし、残念ながらそうした危険性はまだ十分な認識がされているとは言えない状況で、日本の3分の1以上の大企業に勤める会社員が月に100時間以上の残業をしているのです。企業によってはそうした残業のリスクを考慮し労働環境の改善にも努力しているようですが、多くの企業では特別な取り組みが行われていないというのが現状なのです。

身を守るための自衛策

そうした過度の残業から自分の身を守るためにしておくべきことがあります。これから紹介するものは、最近残業が多いと感じたときにぜひ試してみてください。
まず一つ目がタイムカードをコピーするというものです。いずれ、残業が原因で会社以外の外部の機関に相談することがあるかもしれません。また会社と話し合うことになるかもしれませんし、場合によっては法律で訴えることもあるでしょう。そうしたときに、明確な証拠となるものを用意しておければ、その後を有利に進めていける可能性が高まっていきます。
そしてもう一つが、改正された改正労働安全衛生法を用いて医師に相談したいという旨を会社に伝えることです。これは、自分の健康管理に役立つのはもちろん、会社に対してかなり強いプレッシャーを与えることができますので、月の残業が100時間を越えているならば検討するべきです。

労働基準監督署に相談

上記の方法も試しながら、労働基準監督署への相談もしてみるべきです。一人で抱え込んでいても、なかなか優れた解決策というものは生まれません。労働基準監督署の無料相談を利用すれば費用もかかりませんので安心です。単純に相談に対し親身になってくれるだけではなく一般人はあまり知らない法律に関する知識なども教えてくれるので、とても頼りになります。どこに相談すれば良いかわからないという人は、まず労働基準監督署の総合労働相談コーナーに足を運ぶのが良いでしょう。

限界を感じ始めたら読むべき記事

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

激務で辛いと感じる大きな要因としては、長時間の残業も挙げられるでしょう。実際、「せめて残業さえなければ・・・」と思っている人も多いようです。そこで、残業をせずに定時で帰るための仕事術について説明していきます。合理的な仕事のやり方を身につけることで、残業が大幅に減らせるようになります。しっかりと定時に帰れるようになれば体の疲れもストレスもかなり楽になるでしょう。 続きへ

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

日本の労働環境に関する相談事をする機関といえばやはり労働基準監督署が真っ先に思い浮かぶでしょう。激務に苦しめられ、実際に利用したことのある人もいるでしょう。しかし、多くの人はそういった機関があることは知っていても実際に利用したことは少ないのではないでしょうか。ここでは真っ先に相談するべき労働基準監督署について説明していきます。 続きへ

限界超過のサイン

限界超過のサイン

日々の激務に慣れている人は、「自分は平気」と感じているかもしれませんが、知らず知らずのうちに心身ともに疲弊してしまっているかもしれません。自分のことというのは意識しなければなかなかわからないものです。そこで、必ずチェックしておくべき限界超過時に現れるサインについて説明していきます。自分に当てはまるものがないか確認しましょう。 続きへ