激務対策完全攻略マニュアル

これで解決!すぐにできる激務対策術

データ活用でチーム効率を高めて激務を解消する

激務対策完全攻略マニュアル

チーム効率を上げるデータの使い方

チーム効率を上げるデータの使い方

チーム効率を上げるデータの使い方

チーム効率を高め、激務を乗り切っていくために取り入れるべき仕事術としては、まずデータの一元化が挙げられるでしょう。社内ではもちろん様々な情報・データ、そして役割が存在しているものと思いますが、これらの一元化を実現することでチーム効率を一気に高めることができます。

データの一元化を行う

情報やデータはそれぞれが何となく把握していれば良い、と思っている人も多いかと思いますが、実はそれは誤りです。なぜならば、それぞれが曖昧な情報しか持っていないと、万が一業務に関するトラブルがあったときに適切な対応ができない恐れがあるからです。もちろんミスがないに越したことはありませんが、激務が続けば何らかのトラブルはどうしても起こってしまうものです。
そのようなとき、皆が知っておくべき情報やデータをしっかりと統一し、認識しておければスムーズに問題を解決することができるのです。とはいえ、このためにデータを複製・コピーするのはあまり効率的とは言えません。予め元データをとっておく場所を決めておき、連動させるのが理想的といえます。

自動化で効率化を

次に紹介する仕事術は、データの自動化を行うというものです。オフィスワークであればデータを集め整理する時間、資料を作るための時間など、オフィスソフトを使った仕事も多くあるでしょう。そういった仕事はそれほど難しいものでなく、必要な時間も少ないことがほとんどですが、それも社内全体で行うとなると膨大な労力と時間を割くことになります。ですから、自動化できる作業は自動化を進めていくというやり方のほうが効率的な仕事術と言えるのです。
この自動化を進めることができれば、単純作業ではない複雑な業務にしっかりと時間をかけて取り組むことができるようになるでしょう。どんどんより高度な仕事に取り組めるようになるので、結果的には企業の成長が望めます。今の激務も解消され、ずっと働きやすい環境に変わっていくことも期待できるでしょう。

クラウドサービスを利用

データを有効に活用し、チーム効率を高めていくときにはクラウドサービスを取り入れることも視野に入れてみましょう。クラウドサービスを取り入れれば、上で触れたデータの一元化、自動化も効率よく進めていくことができるでしょう。更にクラウドサービスを活用することで、インターネット接続環境さえあれば職場を離れてもデータの確認ができます。業務のやり取りなど仕事に関する負担を大幅に軽減することができます。

限界を感じ始めたら読むべき記事

無駄な残業はしない定時帰宅術

無駄な残業はしない定時帰宅術

激務で辛いと感じる大きな要因としては、長時間の残業も挙げられるでしょう。実際、「せめて残業さえなければ・・・」と思っている人も多いようです。そこで、残業をせずに定時で帰るための仕事術について説明していきます。合理的な仕事のやり方を身につけることで、残業が大幅に減らせるようになります。しっかりと定時に帰れるようになれば体の疲れもストレスもかなり楽になるでしょう。 続きへ

壊れる前に労働基準監督署へ

壊れる前に労働基準監督署へ

日本の労働環境に関する相談事をする機関といえばやはり労働基準監督署が真っ先に思い浮かぶでしょう。激務に苦しめられ、実際に利用したことのある人もいるでしょう。しかし、多くの人はそういった機関があることは知っていても実際に利用したことは少ないのではないでしょうか。ここでは真っ先に相談するべき労働基準監督署について説明していきます。 続きへ

限界超過のサイン

限界超過のサイン

日々の激務に慣れている人は、「自分は平気」と感じているかもしれませんが、知らず知らずのうちに心身ともに疲弊してしまっているかもしれません。自分のことというのは意識しなければなかなかわからないものです。そこで、必ずチェックしておくべき限界超過時に現れるサインについて説明していきます。自分に当てはまるものがないか確認しましょう。 続きへ